2015年04月03日

可愛い女の子に性欲を感じる自分が嫌いです

ご無沙汰しておりました。
花粉の影響で現実と自分のあいだに一センチくらいの分厚いクッションが噛ませてあるみたいな感じで殴っても殴っても現実に接触できない気がする。離人感というのとはたぶん違うんだけどただ単にイライラする。

なにやってたかというと11月から3月にかけて同人誌を個人誌14種+合同誌を3種出しました。おれはなにをやっているんだ。楽しかったです。まあそのへんに関してはまた今度書くかもしれないし書かないかもしれない。

なんかこんなこと書きたくねえなあと思いながら向き合わざるを得ないだろうと思って久しぶりにエントリを書こうとしているのでまとまっていなかったらすいません。なんかほんとこんなこと考えずに生きていくつもりだったけどそういうわけにもいかないもんだな。

女性にしか性欲を感じませんが、性欲に対する嫌悪感があります。

というわけでまあ恋愛感情と呼んでいいだろうと思われる感情を抱くと自分に対する嫌悪感が激しい勢いでやってくるので相手との関係はぎくしゃくするし自分は嫌いになるしでほんとうにいいことないのでできるだけこう……恋愛感情っぽいものを……持たないように気をつけていたわけです。ここ数年。わたしの創作に出てくる女性が恋愛に対して基本的にアンハッピーな感情しか抱かないのはそのへんが絡んでいるのだろうと思います。というかもともと男性キャラクターだって恋愛に対してアンハッピーな感情しか抱いていなかったんだけどそこはここ二年くらいでどうにか脱出してきた、きたと思う。多分かなりできてると思う。

人間関係に対してハッピーでポジティブな感情を持てるようになる、恋愛に対して、またセックスに対して、性欲に対して、嫌悪感を抱かない、それが存在するということを受け入れる、というのが目標としてあって、そのために小説を書いている部分がかなり大きくあります。
「人間が人間であることを憎まない」「成長と成熟を憎まない」それから「男が男であることを憎まない」っていう、まずそこからのスタートで、それは小説を書くうちにどうにか片付けることができて、いまわたしは男の人に話しかけるとき緊張しなくていいし、慎重に距離をはからなくていいし、話しかけられても笑って答えることができる。たぶん。それは小説のなかで男が男であることについてずっと考えたからで、もっというと男が男であることを解体して男女の境目をぐずぐずに(わざと)していったからだと思います。「受という性別」的な。

で、まあ、わりとこう……女性キャラを書くことから逃避していたわけなんですが……今週突然降って沸いたように男女カップリングに突然萌えてエロ小説を書こうとしはじめて……ええとまあアニメがすごく良かったからなんですけど。書こうとしはじめた結果自分の性欲(自分の性欲!)と正面切って向き合わなくてはならないということに気づいてものすごく死にたくなっています。

女性を扱ったポルノを書くのははじめてです。
三年前に男性を扱ったポルノを書き始めたときのそれは半分の好奇心と半分のマチズモに対する憎悪で成り立っていました。憎悪が解消されて以降はごく単純にエンターテイメントとしての興味とあとは愛玩動物の睦みあいを慈しむ気持ちで書いていたわけです。
しかしここに自分の性欲というでかい壁が立ちはだかったのだった。
早急にどこかあたたかい穴に潜り込んでノイズキャンセリングヘッドフォンを頭からかぶって暖かくして寝たい。しかし自分の好きな女の子にいやらしいことをしたいという感情そのものはそろそろいいかげん受け入れたほうがいいんじゃないのか。ていうか受け入れつつあるから書いているんだろう。受け入れつつあるから書いているんだろうとは思うけどパソコンの画面を眺めながら数時間固まっている数日を送っているわけでだな。

いやこんな話しないでぽんぽん小説書いたほうがいいんですけどね。こんな話されたら読みづらいだろ。しかしなんかこうどっかでこの話しないとだしノートに書いてても煮詰まりそうだったんでそういうわけで頭を抱えてぐだぐだやっていますという話でした。全くまとまりがない。

というか、セックスが嫌いならポルノなんか書かなきゃいいのにいったいなにを頑張っているんでしょうね。ポルノを書くことでなにかをブレイクスルーしたいんだよ。あと嫌いなものを再調理して好きになりたいという側面も含まれているしそうしてもちろん自分の性欲もそこに確実にある。
毎日半泣きです。小説が書けない.com。

かなむらさんの明日はどっちだ!
posted by かなむら at 18:58| 広島 ☔| 二次創作色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。