2014年09月17日

保健室依存症

Bxs4oryCMAAc6Uc.jpg傘を開いて、空を」より「胡桃の中のふたり」から


7/23に作ったワートリアカウントを9/16に消しました。理由はおおむねいつものやつであり、つまり広場恐怖です。
 ブログ書いてなさすぎてなにをエントリにしてなにをエントリにしてないのかぜんぜん思い出せない次元に到達しているのでいいかげん頭から読み返さないといけないんだけどおおむねしんどいんだよね! おおむねしんどいしか書いてない気配あるからね!!
 ともあれいま広場恐怖で記事検索かけてみたら一回もちゃんと書いてなかったので広場恐怖の説明をしますがこれは「わたしの症例」であって「みんなこう」ではないと思うし、ていうかわたしの症例が広場恐怖という定義でいいのかもよくわからない。うちの主治医は病名をはっきり言わない人なんですが(なので処方された薬で病名的にはどういうあたりにあるのか自分で判断するみたいなことを……)(や、まあ、病名なんてどうでもいいんですけど、他人に説明するとき不便)、診断書が出るときには病名に広場恐怖と書いてあるのでまあ広場恐怖という診断でいいんだろうと思っているだけです。
 要するに不特定多数の群衆に対する恐怖感を定義して広場恐怖と呼ぶんだと思います。昔から群衆に対する恐怖心というのはあったんですが、パニック障害の発作(これ自体は閉所恐怖由来でした)以降加速してまあ持病ですねという感じです。一時期窓のないところにはけっして行けない、地下街で呼吸ができないというレベルでこじらせていた閉所恐怖のほうは収まって地下街のドトールで四時間(万年筆と)くだを巻くことなどが可能になりましたが、広場恐怖のほうはなんか収まらないどころかどんどんダメになってる気がするな。やばいな。どうにかしないといけないな。

 ともあれ広場恐怖がインターネットにまで敷衍され、時々、不特定多数の人が数値化されているTwitterというシステムがとても不愉快になってアカウントを消すことになります。今朝ももうひとつアカウントを消したので(liveindystopiaというほぼ閲覧専用になっていたアカウント)、明日になっても治まらなかったらついにbkydを消す流れだと思います。まあbkydもtakatouminasiもそのうち復帰させるつもりではあるんですけど。

 仕事を辞めてから二週間もたった今頃になって広場恐怖が進行しているというのはあれだ、血行が良くなったら肩凝ってることに気づくとかそういう感じで、ちょっと正気に戻ったときのほうがよりいっそうダルいみたいなことだと思います。
 あとこないだまで躁病だったから反動でダウンしてるんだと思う。



 takatouminasiというアカウントは、先日までここで実況していた小説の文脈で言うと「保健室」でした。文脈は説明しなくてもおおよそわかってくださると思うんですが、「シェルター」という言い方でもいいと思います。
 広場恐怖の症状自体はえーと8月くらいからずっと出ていて、他人こわいがあって、bkydはまあ600人くらいにフォローされているアカウントではあるのでこわいの範囲が広いわけですね、こわいの範囲が広いので、ログインできなくなって、保健室登校をしていた、つまりtakatouminasiのほうに篭っていたわけです。

 ときどき二次創作用のアカウントというのを立てるんですが、二次創作のアカウントを立てる理由は面倒くさいことに巻き込まれたり人間関係が鬱陶しくなった時にインスタントに尻尾切りをするためなんですが、しかしあれはうまくハマるとほんとうに心地よく過ごせる場所で、うまくハマるというのはつまり「余計なことは考えなければ」ということです。思想的に合致しないかどうかは考えない。許せない発言があるかどうかは考えない。わたしが嫌いなもの(コピペbotとか)をRTしていることも見逃すし、わたしにフォローの挨拶をしてくることも笑って見逃す。そこにある空気のなかの心地よい部分だけを抽出してふわふわとただよっていればいい。
 逆に言うと、ふわふわとただようことができない場合、趣味だけのつながりというのは致死的に危険なだけのものになります。趣味の合う人となんか繋がらない方が絶対に良い。趣味が合うからといって思想的にも合致する可能性はほぼ皆無だから
 保健室は無感覚になるための場所です。そこでは思考することは敵です。やさしい先生にいらっしゃいと言われて、清潔なシーツにくるまってただ眠ればいい。純化された愛だけがあればいい。純化された愛のことを萌えと言い換えてもいいです。
 愛だけがある場所でシーツにくるまって眠るのです。ほかのことは全部忘れて。具体的なことを考えると下痢が止まらなくなるのです。具体的なことを考えるのをやめなくてはならないのです。架空を生きなくてはならないのです。保健室が必要です。
 そして二次創作というものをそういう場所として愛している人はたぶん多いんじゃないかと思います。

 まあ、そういう場所で循環みたいな話を書く意義は正直、皆無だと自分でも思っていますよ。

 わたしはtakatouminasiのフォロイーさんを愛していました。真っ先にあそこから消したのは憎悪を抱きたくなかったからです。彼らがわたしにとってただの群衆(それはわたしにとって敵と等価の意味を持ちます)になってしまう前にわたしは消えなくてはならなかったので、アカウントは消滅しました。
 広場恐怖が収まったら保健室をまた取り戻しましょう。わたしには(たぶん、まだ、この先も、)保健室が必要です。



 循環という話、かなり軽い感覚ではじめた話だったはずなのに、途中からかなり明晰に「キャラクター消費なんてクソだ」という話になっていて、わたしとしてはそういう話を書けたことに満足していますが、実際問題としてわたしは湯水のようなキャラクター消費に溺れて生きているのであり、自分を殴っているのであり、そのことをおまえはどう思っているのかというところでまたひとつ苦しみがありなにをやっているんだろうなあという感じです。

 キャラクター消費はクソだと思っているが、キャラクター消費だけが保健室である。
 ダブルスタンダードだ。
posted by かなむら at 12:11| 広島 ☁| 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。